目羅博士の不思議な犯罪
江戸川乱歩




 私は探偵小説のすじを考えるために、方々ほうぼうをぶらつくことがあるが、東京を離れない場合は、大抵たいてい行先がきまっている。浅草あさくさ公園、花やしき、上野うえのの博物館、同じく動物園、隅田川すみだがわの乗合蒸汽、両国りょうごくの国技館。(あの丸屋根が往年のパノラマ館を聯想れんそうさせ、私をひきつける)今もその国技館の「お化け大会」という奴を見て帰った所だ。久しぶりで「八幡の藪不知」をくぐって、子供の時分の懐しい思出にふけることが出来た。

 ところで、お話は、やっぱりその、原稿の催促さいそくがきびしくて、家にいたたまらず、一週間ばかり東京市内をぶらついていた時、ある日、上野の動物園で、ふと妙な人物に出合ったことから始まるのだ。

 もう夕方で、閉館時間が迫って来て、見物達は大抵帰ってしまい、館内はひっそりかんと静まり返っていた。

 芝居や寄席なぞでもそうだが、最後の幕はろくろく見もしないで、下足場げそくばの混雑ばかり気にしている江戸っ子気質はどうも私の気風に合わぬ。

 動物園でもその通りだ。東京の人は、なぜか帰りいそぎをする。まだ門が閉ったわけでもないのに、場内はガランとして、人気ひとけもない有様だ。

 私は猿のおりの前に、ぼんやりたたずんで、つい今しがたまで雑沓ざっとうしていた、園内の異様な静けさを楽しんでいた。

 猿共も、からかって呉れる対手あいてがなくなった為か、ひっそりと、淋しそうにしている。

 あたりが余りに静かだったので、しばらくして、ふと、うしろに人の気配を感じた時には、何かしらゾッとした程だ。

 それは髪を長く延ばした、青白い顔の青年で、折目のつかぬ服を着た、所謂いわゆる「ルンペン」という感じの人物であったが、顔付の割には快活に、檻の中の猿にからかったりし始めた。

 よく動物園に来るものと見えて、猿をからかうのが手にったものだ。餌を一つやるにも、思う存分芸当をやらせて、散々さんざん楽しんでから、やっと投げ与えるという風で、非常に面白いものだから、私はニヤニヤ笑いながら、いつまでもそれを